アノマリー検証

大発会翌日は株価が下がる

このアノマリーを確かめたく、
1950年以降の大発会翌日が
前日に比べてどうなったのか調べてみました。

1950年から1990年はバブルなので、株価100〜37,000円まで、
なんとまぁ370倍になっていたんですね。

物価がそもそも違いますが、100万あれば3億7千万ですか!
昔は百万長者という言葉が有る訳ですよね。
今は億万長者に変わりましたが…。

さて1950〜1990年は当たり前ですが上げる一方なので、

勝ち:26回(63.5%)
負け:15回(36.5%)

と比較的勝ちが多いです。

1991〜2016年(本日含む)
勝ち:7回(27%)
負け:19回(73%)

全体
勝ち:27回(44%)
負け;34回(56%)

と言う事で、1991年以降に関しては、

圧倒的に負け

ですね。

来年はどうなるでしょう?
忘れなければ更新していきます。

多分忘れるけど…
スポンサーサイト